2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト 

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

式場まわり 

2013.10.21 (Mon)

プランナーさんから式場リストを受け取り、
その中から自分たちが気になった場所をリストアップして、
訪問の希望日時を伝えると大体それに沿ってプランナーさんが式場への訪問予約を取ってくれます。

去年の12月の中旬に式場訪問をスタート。
まず週末に5ヶ所まわったんだけど、
あまり気に入ったところがなかったので、
またプランナーさんに連絡してさらにリストをあげてもらい、
次の週の週末に2ヵ所まわりました。

最後に行ったところが、
2人とも気に入ったので、
心の中では式場決まり。


実際訪問して、日取り、参列者数を伝えると
大体の予算を教えてくれます。

式場によって꽃장식(フラワー代)、대관료(ホール使用料)、식대(料理代)、폐백실 사용료(ペベッルーム使用料)が異なるのでチェックです。

ペベッルームとは・・・
201303041231100910_1.jpg
【ドラマ오자룡이 간다より】

こういうのやるところです。
폐백(ペベッ)とは新婦が嫁ぐ際に嫁ぎ先の両親・(目上の)親戚にする挨拶のことです。
通常、結婚式をあげると最後にペベッをします。

元々は新郎の両親親戚への挨拶だったものが、
新婦の両親親戚も交えてするペベッも増えてきているようです。

日本から来てくださる方たちに、
こういう伝統的なものを見てもらうと喜んでもらえるかなと思い、
私たちもペベッをしようかと話していたんですが、
義父は亡くなっているし、
義父の兄弟姉妹も亡くなってる方が多いので、
本来のペベッの意味からすると、
私が挨拶をする相手が義母しかいないんですね。

なので結論としては、私たちはペベッをやりませんでした。
プランナーさんに聞くと、やっぱり日本からのお客さんはペベッを見ると喜ばれると言っていました。
私たちの場合はちょっと残念でしたが、
チマチョゴリ姿だけでも喜んでくれましたよ


少し話が脱線してしまいましたが、
式場まわりをすると各式場から「本当はこのくらいの値段だけど、割引していくらくらいです」と大体の予算が出されます。
でもここではそれ以上に割引交渉はしないで、
正式契約する時に、さらなる割引交渉をしましょう
大体正式契約する際もさらに何かサービスなり割引をしてくれます
でも参列者数が少なかったり、結婚式シーズンの挙式は割引が厳しいようです。

私と旦那さんはもちろん求めている結婚式へのこだわりが違いますから
二人で妥協点を見つけ、式場を決定しました


EDIT  |  21:03 |  韓国での結婚準備  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。