2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト 

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ウェディングプランナー 

2013.10.07 (Mon)

結婚式の準備と言えば、日本では式場探しから始まるけど、
韓国ではウェディングプランナー探しから始まります。

韓国ではプランナーさんを通して、
式場、ドレスショップ、ヘアメイク、フォトスタジオ等を紹介され、
自分たちに合うところと契約していきます。

私はネットで色々と検索して、
日韓カップルのウェディングをサポートしているプランナーさんを見つけたので、
ひとまずその人に連絡してみることにしました。

私はとりあえず韓国語ができるので、
言葉の上では普通のプランナーさんでも問題ないんだけど、
両親のケアだったり、日本人好みの結婚式の知識等が準備する上で役立つかなと思ったので。

でもそれだけの理由でかなりのプラス料金が発生するなら、
普通のプランナーさんにお願いしようと思っていたんだけど、
プラス料金は全く無し

他のウェディング会社に所属しているプランナーさんにも会ってみたけど、
私の心は完全に日韓カップルのプランナーさんに傾いていたので、
その方にお願いしました

プランナーさんに接触する上で電話で質問されたことは

① 結婚式の日取り

② 参列者の大体の人数

③ 結婚式の1人分の食事代予算

④ ビュッフェスタイル OR 同時挙式スタイル


4番目の同時挙式スタイルというのは、
挙式と食事を同じ場所でする挙式スタイルのこと。
いわゆる日本の披露宴と同じと考えればOK。

韓国では基本、受付でご祝儀を出すと食券を渡され、
結婚式後に食堂に移動しビュッフェスタイルで食事をするというのが通常です。

もう本当にこれはベルトコンベア式で、
式場が1時間おきに結婚式を組み込んでくるので、
食堂は別のカップルの参列者もいっぱい
しかも式を見ずに食堂に直行してごはんだけ食べて帰る人もわんさか
(韓国在住暦5年で7、8回結婚式に参列した私の独自調査結果 笑)

こればっかりは勘弁!!と思っていたので、
旦那さんを説得し、最初から同時挙式スタイルで探しました。

私たちがプランナーさんに連絡したのが去年の11月末。
初の顔合わせが12月初めでした。

11月末時点ではまだ日取りを決めていなかったんだけど、
これも私の独断と偏見で、大安の土曜日夜と考えてました。

日本から参列してくれる人が、
土日で来てくれる人も、金土日で来てくれる人も、土日月で来てくれる人もいるだろうと思って、
土曜日の夜は確定。

あとは何月にするかってところなんだけど、
5月~7月の中で悩んでました。

旦那さんは早くやりたいって言っていたんだけど、
私は準備をきちんとしてからやりたいと意見分裂(笑)

なのでプランナーさんへの回答は

① 候補3つの日取り

② 100人程度

③ 考えていませんでした

④ 同時挙式スタイル


と回答。

そうすると、韓国ではあまり同時挙式スタイルが多くないということ、
少人数挙式ができる会場もあまり多くないということ(韓国では参列者300人以上が通常)。
なので初の顔合わせの時までにいくつかお勧めの会場リストを作っておくと言われ通話終了。

結婚式への具体的な準備がスタートです


EDIT  |  20:58 |  韓国での結婚準備  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。