2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト 

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

백야행-하얀어둠속을걷다 

2009.11.21 (Sat)

楽しみにしていた『白夜行』、ついに見てきましたbikkuri01

51834_P00_165023.jpg

何度かここで書いたけど、私は原作が大好き。
映画を観るにあたって一番心配だったのが、長編の原作を2時間ちょいの映画にまとめきれるのかってとこだった。
原作、ドラマと比較されることは必至で、2時間ちょいの映画にしたことで原作やドラマに比べて物足りないと思いたくなかった。
(わたし的にはせかちゅーがまさにそれだった)

が!!

心配無用!!
違和感全く感じなかった。

脚本家の方が上手くまとめたなーって感じ。
不要なところをバッサリと潔く切って、
新たなキャラクター(イミンジョン)を投入したことによりうまくまとめていた。

そして内容が暗いにもかかわらず、客席から何度か笑いが起こったのjumee☆surprise5
暗い中にも違和感なく笑いをとりこんだ脚本家&監督の腕には正直ビックリでした。

個人的には原作を読んで全体的なストーリーを知っているってこともあってか、
途中中だるみした感もあったけど、全体的にとてもおもしろく観ました。

ラストは原作、ドラマ、映画の中で一番残酷な終わりだったと思う。
ラストでホロリときました。
ちなみに、今回観た劇場は満席だったんですけど、終わったら多くの人が
「悲しい。切ない」って言っていて、涙流してる方も多かったです。

そして俳優。
キャスティングの段階で、PD、監督、映画会社社長、すべてが女主人公雪穂役にソンイェジンを指名し、制作陣もシナリオをソンイェジン以外の女優には渡さなかったという徹底ぶり。
私もキャストが発表された時「ピッタリだ」と思った一人。

演技に定評のある女優さんだから裏切ることはなかったけど、
特に際立ってよかったってほどでもなかったような気もする。

一緒に観に行った韓国人の友達と言ってたんだけど、
「ソンイェジンふけたよね」…ってぼそ
なんか目がねぇ…。
しわじゃないんだけど、ハリがないというか、くすんでいるというか。。。
目は年齢が出るから気をつけなきゃなと改めて思いましたわ(←そこかよ!)
あと、やっぱりお直しはダメだよね
映画は画面が大きいからものすごい強調されちゃうんだよ。
だから見てる側からすると感情移入をし切れないというか。。。
そのこと、女優さんたち自身も感じないのかなぁ。。。

ハンソッキュさんはさすが。
刑事役が続いたから、この作品を最初は断ったって聞いたけど、
私はハンソッキュが刑事役を演じた他の作品を観てないからどのように演じ分けてるのか比較できず。

ただ、14年間亮司と雪穂をしつこく追い続けるっていうねっとりさは武田鉄也のほうがあったかなぁ。
まぁでも映画は2時間ちょいしかないしそこまで表現するのは難しいかな。

コスはホントにセリフが少なくて、苦労しただろうな。
でもこれと言って大きなインパクトはなかったかも。。。

俳優さんよりも制作陣の方が私の中では評価が高いかな。
とにかくあの原作を2時間にまとめたことに拍手です
でもそこが気になった気になってしょうがなくて、俳優さんの演技の方に集中できなかっただけかもしれないし、時間があったらもう1回観に行きたいなぁ。
次は安心して観られるし(笑)

そしてどんわんもきっとこの映画観るんじゃないかと私は勝手に思ってるんだけど、
どんわんのレビューも聞いてみたいものです。
EDIT  |  14:03 |  韓国映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。