2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

スポンサーサイト 

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

式場まわり 

2013.10.21 (Mon)

プランナーさんから式場リストを受け取り、
その中から自分たちが気になった場所をリストアップして、
訪問の希望日時を伝えると大体それに沿ってプランナーさんが式場への訪問予約を取ってくれます。

去年の12月の中旬に式場訪問をスタート。
まず週末に5ヶ所まわったんだけど、
あまり気に入ったところがなかったので、
またプランナーさんに連絡してさらにリストをあげてもらい、
次の週の週末に2ヵ所まわりました。

最後に行ったところが、
2人とも気に入ったので、
心の中では式場決まり。


実際訪問して、日取り、参列者数を伝えると
大体の予算を教えてくれます。

式場によって꽃장식(フラワー代)、대관료(ホール使用料)、식대(料理代)、폐백실 사용료(ペベッルーム使用料)が異なるのでチェックです。

ペベッルームとは・・・
201303041231100910_1.jpg
【ドラマ오자룡이 간다より】

こういうのやるところです。
폐백(ペベッ)とは新婦が嫁ぐ際に嫁ぎ先の両親・(目上の)親戚にする挨拶のことです。
通常、結婚式をあげると最後にペベッをします。

元々は新郎の両親親戚への挨拶だったものが、
新婦の両親親戚も交えてするペベッも増えてきているようです。

日本から来てくださる方たちに、
こういう伝統的なものを見てもらうと喜んでもらえるかなと思い、
私たちもペベッをしようかと話していたんですが、
義父は亡くなっているし、
義父の兄弟姉妹も亡くなってる方が多いので、
本来のペベッの意味からすると、
私が挨拶をする相手が義母しかいないんですね。

なので結論としては、私たちはペベッをやりませんでした。
プランナーさんに聞くと、やっぱり日本からのお客さんはペベッを見ると喜ばれると言っていました。
私たちの場合はちょっと残念でしたが、
チマチョゴリ姿だけでも喜んでくれましたよ


少し話が脱線してしまいましたが、
式場まわりをすると各式場から「本当はこのくらいの値段だけど、割引していくらくらいです」と大体の予算が出されます。
でもここではそれ以上に割引交渉はしないで、
正式契約する時に、さらなる割引交渉をしましょう
大体正式契約する際もさらに何かサービスなり割引をしてくれます
でも参列者数が少なかったり、結婚式シーズンの挙式は割引が厳しいようです。

私と旦那さんはもちろん求めている結婚式へのこだわりが違いますから
二人で妥協点を見つけ、式場を決定しました


スポンサーサイト
EDIT  |  21:03 |  韓国での結婚準備  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

ウェディングプランナーさんと初顔合わせ 

2013.10.11 (Fri)

さてさて。どきどきのプランナーさんとの初顔合わせは去年の12月初め。
電話で話していた式場についてのお話と韓国のウェディングシステムについてお話を聞いた。

まずウェディングシステムについて。

プランナーさんと契約するということは、
結婚商品を購入するということ。
その商品とは・・・

①ドレス

 *ウェディング撮影:ホワイトドレス2着、カラードレス1着、タキシード1着

 *本式:ホワイトドレス1着、タキシード1着

②フォト

 *ウェディング撮影:アルバム20P1冊、額縁付き写真1

 *本式:アルバム30P1冊、10P(両家両親用)2冊

③ヘアメイク

 *ウェディング撮影:新郎新婦ヘアメイク

 *本式:新郎新婦ヘアメイク


基本これがセットでいくらと提示され、
選ぶドレスショップ、スタジオ(フォトグラファー)、ヘアメイクショップ(アーティスト)によってプラス料金が発生するという形。

韓国ではウェディング撮影も撮ること前提になってるんですよね。
あたかも当然のごとく(笑)
もちろん撮らないということも可能ですが、
私が知る限りではほとんどの方が撮るみたいです。

おもしろいよねーこのシステム

この日はまだプランナーさんと契約せず、
とりあえず式場を決めることが先決とのこと。

プランナーさんと契約前でも、
希望の条件を伝えれば式場リストを挙げてくれ、
式場への訪問予約もしてくれます。

電話で話していた日取りに関しては、
5月6月だと結婚式シーズンなので少し急いで準備をしなければならなく、
7月だと余裕があるし、シーズンではないので割引がある式場が多いとのこと。
ただ7月は韓国では梅雨シーズンなので、
そういった点も考慮した上で判断したほうがいいとアドバイスもらいました。

なるほどね~なんていいつつ初回顔合わせはここまで。

その後メールで式場リストをもらい、
式場視察のスタートです


EDIT  |  20:33 |  韓国での結婚準備  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

ウェディングプランナー 

2013.10.07 (Mon)

結婚式の準備と言えば、日本では式場探しから始まるけど、
韓国ではウェディングプランナー探しから始まります。

韓国ではプランナーさんを通して、
式場、ドレスショップ、ヘアメイク、フォトスタジオ等を紹介され、
自分たちに合うところと契約していきます。

私はネットで色々と検索して、
日韓カップルのウェディングをサポートしているプランナーさんを見つけたので、
ひとまずその人に連絡してみることにしました。

私はとりあえず韓国語ができるので、
言葉の上では普通のプランナーさんでも問題ないんだけど、
両親のケアだったり、日本人好みの結婚式の知識等が準備する上で役立つかなと思ったので。

でもそれだけの理由でかなりのプラス料金が発生するなら、
普通のプランナーさんにお願いしようと思っていたんだけど、
プラス料金は全く無し

他のウェディング会社に所属しているプランナーさんにも会ってみたけど、
私の心は完全に日韓カップルのプランナーさんに傾いていたので、
その方にお願いしました

プランナーさんに接触する上で電話で質問されたことは

① 結婚式の日取り

② 参列者の大体の人数

③ 結婚式の1人分の食事代予算

④ ビュッフェスタイル OR 同時挙式スタイル


4番目の同時挙式スタイルというのは、
挙式と食事を同じ場所でする挙式スタイルのこと。
いわゆる日本の披露宴と同じと考えればOK。

韓国では基本、受付でご祝儀を出すと食券を渡され、
結婚式後に食堂に移動しビュッフェスタイルで食事をするというのが通常です。

もう本当にこれはベルトコンベア式で、
式場が1時間おきに結婚式を組み込んでくるので、
食堂は別のカップルの参列者もいっぱい
しかも式を見ずに食堂に直行してごはんだけ食べて帰る人もわんさか
(韓国在住暦5年で7、8回結婚式に参列した私の独自調査結果 笑)

こればっかりは勘弁!!と思っていたので、
旦那さんを説得し、最初から同時挙式スタイルで探しました。

私たちがプランナーさんに連絡したのが去年の11月末。
初の顔合わせが12月初めでした。

11月末時点ではまだ日取りを決めていなかったんだけど、
これも私の独断と偏見で、大安の土曜日夜と考えてました。

日本から参列してくれる人が、
土日で来てくれる人も、金土日で来てくれる人も、土日月で来てくれる人もいるだろうと思って、
土曜日の夜は確定。

あとは何月にするかってところなんだけど、
5月~7月の中で悩んでました。

旦那さんは早くやりたいって言っていたんだけど、
私は準備をきちんとしてからやりたいと意見分裂(笑)

なのでプランナーさんへの回答は

① 候補3つの日取り

② 100人程度

③ 考えていませんでした

④ 同時挙式スタイル


と回答。

そうすると、韓国ではあまり同時挙式スタイルが多くないということ、
少人数挙式ができる会場もあまり多くないということ(韓国では参列者300人以上が通常)。
なので初の顔合わせの時までにいくつかお勧めの会場リストを作っておくと言われ通話終了。

結婚式への具体的な準備がスタートです


EDIT  |  20:58 |  韓国での結婚準備  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

家具&電化製品購入 

2013.09.26 (Thu)

去年の7月に引越し先を決め、8月の引越しまでにまずは必要な電化製品を探しに。
私がワンルームに住んでいた時は、
フルオプションだったので、
大きいものは購入していなかったんだよね。
旦那さんも実家住まいだったから大きいものは本当に1から準備です。

とりあえずは冷蔵庫と洗濯機。

嘘か真かは分からないけれど、
ネットやホームショッピングの商品は欠陥があったり、
ASでトラブルになることが多かったりすると聞いたので、
家電量販店や各ブランドのショップでチェック。

韓国特有の【1つのお店で大量購入して割引させる】っていう手を使おうにも、
冷蔵庫と洗濯機しか買わないから大して割引がなかったので、
それぞれ性能、デザイン、価格を比べて別々のお店で購入。

にしても韓国ってどうして冷蔵庫が無駄に大きいのかね
とにかく巨大!!
それでも巨大な中から小さいものを選びましたよ。

あ、あと温度調節の設定できる最高温度がすごく低い気がするのは気のせいだろうか?
飲むにしても、食べるにしても冷えすぎて歯がしみるわ!(笑)
凍らした物もなかなか溶けないし!


そして引っ越してからきちんと部屋のサイズを測って家具購入。
洋服ダンス、ベッド、鏡台、食卓、レンジ台の5点。
ベッドだけ別買いして4点は同じところで購入。

韓国には色々なところに【家具団地】というところがあって、
家具のお店だけ密集している地帯があるんだよね。

デザインとかははっきり言って似たりよったり。
だって展示品ももちろんあるけど大体のお店が分厚いカタログ引っ張り出してきて、
どのデザインがいいかって探し出すスタイルなんだもん。
とっても分厚いので、どこに行っても自分のスタイルはほぼ探し出せます。(たまに全くないところもあるけど)
なので、どれだけ値切れるか、スタッフの人の対応にどれだけ満足できるか、という点でお店は絞ったほうがいいと思われます。

それと日本のように素晴らしい家具を想像すると痛い目にあいます。
正直家とかもそうだけど、韓国って作りが雑な上に、とっても安上がりに作り上げる感がある。
こんなちゃっちいんかい!と正直思う。

でも!
私のように家を購入せずチョンセで引越しをすることを考えてる人は、
高級品を買う必要は絶対にありません!

韓国の引越しって、日本のようにきちんと梱包して・・・といった素晴らしい配慮はありません。
割れ物だって言っても、軽く包まれておしまい。
家具・電化製品だって、がんがん色んなところにぶつけられて運ばれます。
「引っ越すたびに家具を購入する」って話も出てくるほど。
それほど乱雑に扱われるので、引越しの予定がある人はある程度のもので揃えるほうがいいのかも。

私たち夫婦も今すぐには無理でも、
将来日本で生活するってことも考えてるので、
韓国で家を購入することはとりあえずは考えていません。

チョンセで・・・となると、最短で2年に一度は引っ越さないといけないので、
高価な家具は購入しませんでした。

私が母親に電話で「ホントちゃっちーよー」と言っていたので、
母親は一体どんな家具を購入したのかすごく気になっていたようでしたが、
家に泊まりに来た時に見せたら「思ってたより全然いいじゃない!」と言っていたので、
そこまでひどくはないはず(笑)

私はシンプルなものが好きだから
IKEAとか無印とかで全然いいんだけど、
IKEAはまだ韓国にないし、無印は日本に比べてめちゃくちゃ高い!

余談だけど、韓国でお店の人に「どんなものお探しですか?」って聞かれると、
常に「シンプルなもの。とにかくシンプルなもの」と答えてる。
婚約・結婚指輪買う時も、ウェディングドレス選ぶ時も、家具選ぶ時も常にそう言った(笑)
何も言わないと、さすが派手好き韓国人。
すごいものを出されます(笑)


少し脱線しましたが無事に電化製品と家具を購入。
電化製品は引越し日に合わせて配送してもらい、
家具は最短の日数で配送してもらったので、
引っ越してわりとすぐに整理ができました

次はいよいよ結婚式の準備に取り掛かります


EDIT  |  21:03 |  韓国での結婚準備  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

家探し 

2013.09.17 (Tue)

去年の4月に結婚することが決まり、
去年の6月に両家顔合わせ。

顔合わせは韓定食が食べられるお店をルームで予約し行われたんだけど、
まぁ雰囲気が重い(笑)
シオモニ(義母)が緊張しちゃって、元々愛想ないのにさらに絶好調(笑)
みんな話通じないから、私ひとり何も食べれず常に通訳。

もう二度とイヤだね、あんなの。
両家でどっか行くとか絶対イヤだと旦那さんに宣言したわ。
私一人苦労するんだもん。
どっか行きたいなら日本語覚えろ!と脅迫しといたわ(笑)

でもお義姉さんがうちの両親にすごく気を遣ってくれて、
お義姉さんのおかげで雰囲気がよくなりました
ありがたい!!

そんなこんなで去年6月に両家結婚することを認めてもらい、
私が住んでいたワンルームの契約が7月で切れるので、
貯金もしないといけないからウォルセ(家賃毎月払い)ではなく、
チョンセ(一定金額を先に支払って毎月払いは無し)で探すことに。

自分たちが住みたいところから不動産まわりを始めたんだけど、
景気が悪いからチョンセの物件が全然ないのね。

チョンセだと金額が大きいから、
その金額の利息で家主はやりくりするんだけど、
利率が年々悪くなってきているから、
家主は皆ウォルセに変える傾向があるんです。

景気の悪さに加え、私たちが探していた夏の時期は不動産の動きがあまりないとのこと。
本当に物件がない!
あってもすごく高額!!

で、結局2ヶ月近く探したのかな。
私たちが探していたところでは結局見つからなかったけど、
私にとっては結果オーライ!

出勤もわりと楽な位置で物件見つけることに成功!!
ちょっと狭いけど、どうせ2年契約だから、
子どもが生まれる前にはまた引っ越すことになるだろうし・・・と、
ここに決定。

しかし韓国の不動産まわりはホント嫌だわ。
住民不在でもずかずかと勝手に鍵あけて家入っちゃうんだもん。
逆の立場で考えると本当に嫌!!

前のワンルームのときは、隣に大家さん住んでたから、
大家さん立会いのもと鍵を開けてくれたからよかったんだけど、
今の家を出す場合は、
私も働いてるし、勝手に入られるんだよなー。
イヤだイヤだ

でも重要なことが一つ終わり、ホッとしたのを覚えている
普通結婚する際は、結婚式と家と同時進行で準備するんだもんね。
無理だわー。大変すぎる!

家が決まったので次は家具・電化製品の購入。
なんでこんなにお金がかかるかなー(笑)


EDIT  |  15:57 |  韓国での結婚準備  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。